生きるということ

先日、お友達のblogで素敵な一節を目にしました。
それは久々に私のこころにズンとくる言葉でした。

とてもいいなぁと思ったのでお友達にお願いして転載させてもらうことにしました。
「生きるということ」という絵物語より。
以下本より抜粋

自分が行った善(貯金)や罪(借金)が、宇宙の法則(銀行)において管理されており、困ったときには自動的に貯金が引き出され、借金がいつか厳しく取り立てられるというわけです。
 このような仕組みを理解したとき、私には、人生を正しく生きるための単純明快な方法がはっきりとわかりました。
「自分が出したものが返ってくるのだから、自分が返してもらいたいものだけを出し、返してほしくないものは出さなければ良いのだ」


わかっているように思うのだけどなかなかそういう心構えができない日常ですが
こうやって改めて考えるとちょっとラクになることもあります。



このあいだ職場のレストランでこんなことがありました。
おばあちゃんとお母さんと小さい子の三人組でランチにきてくれたテーブル。
帰り際、派手に汚れたテーブルをおばあちゃんが片付け始めると・・・
お母さんが「そんなんせんでええよ。ちゃんとお金払っとるんやから。
店の人の仕事やん。」
おばあちゃんはあまり納得いってなかったみたいですがそのまま
帰ってしまいました。
確かにそうなんだけど、なんだか悲しくなって。
罪ではないんだけどなんだかそういう人って罪(借金)をためていそうな
そんな気持ちになりました。

うちの子どもたちはそういうことはうるさいです。
自分の机はぐちゃぐちゃだったりするのにそういう時は
きちんときれーいにして帰ります。
おまけにその辺に落ちてるごみは拾うし、ショッピングセンターでは
駐車場に放置されてるカートをカート置き場までせっせと運んでいます。
ちょっと変でしょ?
でもひょっとして善(貯金)ためてる?って思えたりして。

さぁ、私も貯金をたくさんためて明るい未来をめざすぞ!
なんて、なかなか難しいんだけどね。
[PR]
by sucre-bonheur | 2007-05-18 06:51 | その他
<< もうすぐです♪ 優雅な一日 >>